忍者ブログ
なんか色々。                                                                                  ____________________________________________________________________________________________________
2017/11/22  [PR]
 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


【ページ下部に色々追記。】

【紙魚氏からかっぱらってきたもの】

リンク繋がってますが、いつからか正しく繋がってないままなので(すみません今度一斉に整理します)こちらからどうぞ【→押忍】

同盟などもある、いわゆる「ボコり愛」というものですね!
愛ゆえに全力で殴りあう…

『殴られて痛いのは殴られる側だけじゃない!!
殴る方の手だって痛いんだ!!!』
『でも痛いの手だけじゃん!!!!!』

こういう事ですね分かります。

紙魚たんに関する何かを語ろうとすると、どうしてもテンションが昂ってきて抑えられずに今非常に困ってます(笑)
傷とか包帯とか、ダーク方面でも全然OKですが、こういう二人揃えば百戦錬磨といった風な強気さが本当に堪りませんね!!
実際、双子となら何だかとてつもない何かが巻き起こせそうな気がしているのが、いつだって根底にあります。

こんな自分でもたまに気弱になっていると、人間関係で嫌われたり飽きられたりされる事に不安になったりもしますが、紙魚たんに関してはそれが無いのが本当に不思議です。
本当に学生時代に悪い事は一緒に何でもやった戦友みたいな感じです。
実際悪い事なんてしませんが。企画だ祭だばっかしてました(笑

早く仕事安定させて、今度は以前より更に本格的さを増した何かを一緒にやらかしたいと目論んでます(*´艸`*)
---
【本日のオススメ】


あまり一般的な声の人には反応しないのですが、この人のはコーラスの厚みと突き抜けた高音が本当に綺麗で格好良いです。

基本的に自分はコーラスついた曲に反応しがちです。こういう癖の無い声はメインだとパンチが足りないというか、コーラスにこそ真価を発揮すると思うのです。
メロディライン一本でいくなら、オケに負けない存在感のある特殊な位の声質が好みです。

オケとの兼ね合いで「曲」というよりも、「声」を聞いている節が有るからではないでしょうか。
なので、音、曲として聞くなら、ボーカル抜きが好みなのも頷けます。

---
【追記分】

上記の流れで、サイトをいい加減管理しようと思いデザインから見直す事にしたのですが、クールで渋くて格好良く、そして少々パンチが効いている風なデザインにしたかったのに、渋めの色使いという以外一切希望が反映されていないデザインになりつつあります…
額縁も絵の一部だと思うので、今後の絵の方向性と一致した、総合的に完成されたサイトにしたかったのですが…どんなに真面目な絵を描いても間抜けさが付いてまわりそうな気がします。

展示もですが、目標は大前提として『環境に影響されないシンプルなサイト』なのでフレーム使ってる以外は大丈夫だと思います。
800*600には対応していませんが。もう少し縦を短くしないと縦768の時のウィンドウのツールバー分を考えていませんでした。


毎時ランキング1位取ってるので見ている人には紹介も不要でしょうが、好きです。
最近脳内で男体化中国と咲夜さんのカップリングに息巻いてた自分には、ここの中国はカッコ良過ぎます。

この東方アレンジ曲は名前が無いとの事で皆好き好きにタイトルを言っていたのに乗っかってみたのですが、自分が入力した4秒前に全く同じタイトル言っている人が居て面白かったです。
入力してからわたわたしていなかったら、本当に示し合わせても狙えないタイミングで並んでいたかもと思うと、どんな人なのか見てみたい限りです。(こんな明け方に揃いも揃って/笑)


押忍→【落書き中国】
少し休んでいた間に、絵が地にまで落ちていたので締め切りや交流全く関係ない落書きで回復を狙ってます。
絵を描いていて納得いかないなんて事は腐る程有るのですが、失敗した絵を「丸める」のは滅多にないです。
ここ数日何枚か丸めました。

修正がいくらでもきくようにデジタルに筆を持ち替えてみましたが、胴体の角度が全く掴めず、下半身と上半身が繋がらなかったのが一番の敗因です。
それよりも何よりも敗因というと、相変わらず感性で絵を描こうとすると顔が見えない角度になる事でしょうか…。
何故こんなにも無意識化で絶対防御になるのか分かりません。




---
さらっとクサい事を垂れ流している気がしないでもないですが、
自分のクサさメーターでいうと30%位だと思います。
某所の特殊な環境だから言われるんだと思ってましたが、最近「このホストー!」って言われました。少し前には「彼女に必死に弁明する彼氏みたい」と言われました。さらに「学生時代ひっそり想ってた女の子とか多そう」と言われました。
どうにも自分の性別を見失いがちな気がします。知ってる人は知ってる理由で一部言動に問題は有るかも知れませんが、本人は変態なだけで性別観は全く至ってノーマルです…!男でも女でもそういう志向ってだけで友人なら良いが、対象が自分ってのは無いな。無いわ。
精神的にその辺が全く育ってないんだろうとは思うが、必要性を感じない。
そして上京とかしたら、人が多い分そういう人が多いんじゃないかとビクビクしています。

上京せずとも、学生の時仲良かった子に抱きしめられる度キレて、「抱き心地が良いから」と言われ、友人としては好きだが生理的に若干引いた事が有ります。(まさか自分なんかにと思えども何か怖かった)
その子が後々「東京に彼女が居る」と言った時はあぁ…やっぱりな。と思った程度にはノーマル。
口で伝えられても引いたりはしないですが、おさわりは駄目だろおさわりは。
自分にとってのセーフかアウトか瞬時に分かってしまいますね。

某所では、明るい人間を誇張していた部分有ったので、分からなくもないのですが分かりませんが。
やまだ六角という人間が天然タラシと言われる日が来るとは全く予想だにしておりませんでした…
男にも女にも、そういう対象というかそういう範囲から外の何かに見られる方法は無いものかとよく考えます。

絵に何かしら滲み出すかも知れないと思うと、そんなに悪くは無いんですけどね。
ただ、生身にしろ絵にしろ、こちらが時と場合は選びたいです(笑)

それにしても…本当に何に関しても特殊な道を歩んでる気がしてやまない。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする

name
title
color
URL
comment
password
prev  home  next
最新記事

(05/07)
(09/10)
(09/07)
(07/28)
(07/19)
(07/10)
(07/02)
(06/27)
(06/23)
(06/20)
最新コメント

[09/07 りあーの]
[08/01 okina.]
[08/01 トロピカルやまだ]
[07/30 mago.]
[07/29 ムーディーみねこ]
関連

こんなものや。


こんなものを作っています。

忍者ブログ [PR]
  (design by 夜井)