忍者ブログ
なんか色々。                                                                                  ____________________________________________________________________________________________________
2017/10/17  [PR]
 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


夕飯を作業の片手間でなく、珍しく家族ととっていた時の話ですが。

テレビで、性同一性障害を持った男性が身体的に、また戸籍上も女性へ変わるまでを追ったものが流れており、それを見た兄が

「一時期、お前がそうなんじゃないかと本気で思った事がある」
などと言ってきて、相当吹きました。

一応、それは聞けば随分前の話らしいのですが、そもそも、ずっと兄のお下がりばかりなのと、仕草が限られてくる事だったり、あとはスカートのせいでパンツ見せてなんて変態(※同級生)に言われたのも有り、ずっと男みたいな格好をしてたんです。

そのせいか中学に上がり、制服がセーラーになった時、内心「うわっ、似合わねぇ…」なんて思ってたそうです。

兄酷ぇ\(^o^)/

最終的には、
「俺ら…性別逆に生まれてたら良かったな」
などと言ってきた兄は、遊びでネカマをやっては周りにちやほやされるのが面白いと言ってましたが、男立場から見てバカにしてウケているのか、普通に何かしらを喜んでるのか、自分には判断出来ませんでした(わぁ
性格的に性別や年齢が逆だったら、それはもう親の理想に近い兄弟になっていた気はしています。

でも、どうだろう、多分に親の理想が強固過ぎて、それになれないからこそ二人とも逆に進んでしまっているように感じるので、逆だったとしても余り変わりはない気もしますが。
性格的に逆の方がお互いずっと向いてるのは確かだと自分でも思います。


そもそも、自分は男らしくなりたい訳でも、男らしい格好が特別好きな訳でもなく、好きな言動をして自分に似合う服を着てるだけなので、その格好なんかが男だったら普通に周りに受け入れられる事だとは思いますが、自分を男だとは思ってませんよ?(笑

あまり口に出す事はなかったですが、普通に男が好きですし。
ただ、誰か人間に自分の生活だなんだが左右される事だったり、自分が人の為に気を揉む事が至極嫌いなので、誰かと付き合うだ結婚だなんだが、興味云々の前に考えられないと言いますか。
一言で言うなら必要ない?

少々前に、狂ってましたが、うん。本当に色々な事が狂うんですよ(笑
人を好きな気持ちって楽しくは有りますが、その分、元々はやたらと激しい喜怒哀楽が自分の意思でなく相手次第で変動するので、そうですね…
例えば職場にもう顔を見るだけでも腸が煮えくり返る人が居るとしますよね、そうすると仕事もあまり集中出来ませんし、その人の言動一つ一つに感情が揺さぶられる。
感情としてはその逆でも、正直面倒くさいものは面倒くさいんです。
そして、相手へよほど印象が変わるような事か、本当に四六時中一緒にされるような慣れざるを得ない状況でも無い限り、飽きる、慣れるって事は中々無い気がします。

しばらく顔見てなくて、自分のペースを取り戻せたと一息ついたところに、その腹立つ相手が来ようものなら、憎しみが一瞬でぶり返すような。
逆も然りだと思うのですが、内心変わらずとも、喜怒哀楽問わず、そういう時に自分のペースを保てるようになりたいですね。
根本的には楽の性質が強いので、哀を抑えるのは割と得意なんですけどね。

人間、拷問にかけた場合、痛みよりも快楽に3割だったか、3倍だったか弱いそうで、ここからは自分なりの解釈ですが、「情報を言わなければ殺す」と、脅されるよりも「情報を言えば助けてやる」と言った方が、恐怖よりも、誘惑に打ち勝てない、という事ですよね。

自分はとことん誘惑に弱い自覚があるので、例えばゲームなど始めたら三大欲求以外に、自制して他のすべき事をやるなんて事は出来ないので、そういうものは最初から始めない事が多いです。
話は途中まで戻りますが、恋人なんていう自他共に認めた形をとった、頼れる人なんていようものなら、相手への配慮なくどこまでも寄りかかってしまう。

自制して、相手と共存なんて難し過ぎます。
そして、自分が好きになった相手を潰すのは勿論嫌ですしね。
年寄りくさいですが、そこで願望と理性が葛藤するような、自分の中で結論の出ない矛盾に悩まされるのが何より嫌いなんです。

だから、何が言いたいかと言うと、
別に同性が好きだとか、自分の性別は間違っているだとか、
そういう事は一切有りませんから!(笑

家族にさえ、そんな風に思われていたなんてと思うと、そうでない人には尚更、ただ女らしくないを通り越して、そういう風に目に写ってるのではないかと急に心配になってこういう文章を打ってます(笑

女らしくないのは、うちの家が昔ながらの思考で男は男らしく、女は女らしく、だけならまだしも「男尊女卑」の考えが強くて、それに反発した結果なだけですから。
反発はしていたものの、やはり「女らしく」の印象は刷り込まれて居るようで、自分の中での女性像は『表向きは3歩下がって夫を立てるが、芯はしっかりしているような古風な女性になっていて、仕草から何から女性的であったり、細やかな気配りの利く』と、それが理想で、自分のもつ性格がそこに全くかすりもしないから、特に目指している訳でもないですが、女だと名乗るのや女を武器にするのが嫌だというか…

例えば、「プロ」に絶大な印象を持っていたら、自分が一応プロになった時にでも、事実がどうであれ、そのイメージと比べてしまい、自分は「プロ」だと名乗れない感覚でしょうか。

なので、あくまで目指しているのは「立派な女性」ではなく「出来た人間」という表現の仕方をよくします。
人を立てるにしろ評価されるにしろ、女だからそうするのではなく、人間として、一個人として周りに見られたいし、決まった枠組みにはまる為でなく自分の意思としてやりたい。とか、こういう事を口にすると"女を捨ててる"なんて思われるんでしょうね(笑

ただ、事実や現実はなんら変わりなくとも、枠にはまるのも、はめられるのも嫌いな、わがままなだけなんです。
だから、生物としての性は普通に女だと、自分でも思ってますよ(笑

自分の知る限りでは、性同一性障害ってのは、その生物としての性が間違って生まれてきたのだと思う人の事だと思います。
何度も言いますが、だから自分は違うんだって!!(ばくしょう
ただ単に社会の仕組みや昔からの風習なんかに反発的&頑固なだけの、こういう性格なだけなんだってwwww


---
ネットサーフィンとまではいかずとも、修羅場中もメッセージ確認などで各ページを見てたりするのですが、気付いたらドロワーに…

す、スポイト機能だと………?!

喉から手が出るほど欲しかった機能が備わって、また一段とドロワーの株が上がりました。
ですが、スポイトがあると普段通り、手順にそこまで従事しなくなるので自分の中で訓練にならない気はしています。

スポイトを使えば単純に綺麗な絵、表面的には整えられそうですが、極力使わずに絵の法則といいますか、手順を掴んでいく練習を続けたいですね。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする

name
title
color
URL
comment
password
prev  home  next
最新記事

(05/07)
(09/10)
(09/07)
(07/28)
(07/19)
(07/10)
(07/02)
(06/27)
(06/23)
(06/20)
最新コメント

[09/07 りあーの]
[08/01 okina.]
[08/01 トロピカルやまだ]
[07/30 mago.]
[07/29 ムーディーみねこ]
関連

こんなものや。


こんなものを作っています。

忍者ブログ [PR]
  (design by 夜井)