忍者ブログ
なんか色々。                                                                                  ____________________________________________________________________________________________________
2017/11/22  [PR]
 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


どこまで描き進めるかわかりませんが、黒美鈴。
紅魔館に相応しいカリスマを目指してます。モノトーンアレンジで、白い肌に黒衣装が映えるようにしようかとも思いましたが、中間中国らしく色黒銀髪も捨てがたいです。
そして紅い夜のつもりで描き始めたものの、偶然効果で出来た緑が個人的には赤に劣らず好きなのですが、一般的に言うと赤で間違いないのでしょうね。



抹茶だったか、モスグリーンだったかが日本人が一番好みじゃない色、と言っていましたが、こんなに深みの有る色は他にそうそう無いと自分は思います。
いつぞやか、クーピー時代に黄土色の美しさに感動していたと言ってましたが、水彩やコピックになって中間色が増えたら群青と抹茶と山吹色に恋をしていた記憶が有ります。
元々原色があまり好みじゃないのか、赤をメインにも使うようになったのはCGになってからですね。
好みで言うなら地味というか目を引かない毒の無い自然な色が好きです。
紙質の出たざらざらした線や彩度の低い鈍い色が大好きです。

やはり最近はCGらしいCGに寄り過ぎているので、そういった成分が不足してきている気がします。

---


こちらの動画のクルマサカオウムという種類にときめいたので、題材にしてみました。1:10辺りの模写です。

一番重要な所までいきませんでしたが、割と見て写すだけでなく感覚が養われた気がするので、自分では満足です。

---
遠近感の効いた構図と太ももが美しかったので選択してみました。

自分は人間のパーツの中で、顔より何より男女問わず上半身が好きなようです。
特に肩まわりと腕、気分がのっていると手もですね。
上手くはないので、最近特に集中して練習したい箇所でもあります。

自分は女を描く時は体より顔で、男を描く時は顔より体に拘っている節が有り、女は特に質量が感じられないので改善していきたいです。
あと、絵にエロさを含ませないように心掛けていましたが、逆に肉感を持たせる方向でいこうかと思ってます。

造型としての綺麗さで見ていたので、いきなり変えるのは難しいですが多分そういった目で絵を描くとすると、衣装なども随分と幅が広がるような気がします。

布面積の幅は随分と狭まりそうですが。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする

name
title
color
URL
comment
password
prev  home  next
最新記事

(05/07)
(09/10)
(09/07)
(07/28)
(07/19)
(07/10)
(07/02)
(06/27)
(06/23)
(06/20)
最新コメント

[09/07 りあーの]
[08/01 okina.]
[08/01 トロピカルやまだ]
[07/30 mago.]
[07/29 ムーディーみねこ]
関連

こんなものや。


こんなものを作っています。

忍者ブログ [PR]
  (design by 夜井)